NK細胞とガン治療|早期発見で糖尿病を治療しよう|ちょっとした症状を見逃さない!

早期発見で糖尿病を治療しよう|ちょっとした症状を見逃さない!

相談

NK細胞とガン治療

病棟

ガンは日本の中でも患者数が多く、身体のあらゆる場所にできて素早く全身に転移するため、早期発見や確実な治療法の開発が日々進められています。近年特に話題になっている治療法には免疫細胞治療と呼ばれるものがあり、NK細胞と呼ばれる身体に備わっている機能を強化してガンを撃退します。もともとガン細胞自体は通常の細胞が突然変異して周囲を巻き込み、腫瘍として肥大していくことで様々な症状が現れます。一方、NK細胞はウイルスや体内での異常を補修する役割を持つものですが、常に多くのNK細胞が機能しているわけではないため、免疫細胞治療では変異した細胞の増殖を食い止めるために可能な限り多くのNK細胞を活性化させます。最近では医師が免疫細胞治療を勧めるとことが多いため、上記のような知識を覚えた上で治療を受けるか検討しましょう。

免疫細胞治療は身体にあるNK細胞を活性化させてガン細胞の活動や増殖を防ぎ、腫瘍の肥大や転移を改善するものです。通常の薬物療法では身体に本来はない物質を投与することでガンの改善を目指しますが、効果が大きい分強い副作用が出ることが頻繁にあります。一方、免疫細胞治療は身体の自然治癒力を引き出すため副作用の心配はないものの、より免疫力を高めるために自主的な取り組みが必要となってきます。具体的な取り組みとして、食事と運動・睡眠という生活習慣の改善が挙げられますが、これらは基礎体温という部分に注目する必要があります。生活習慣のバランスが取れると体温がやや高く保たれますが、基礎体温が一度でも上がると免疫力は何倍にもなることがわかっています。免疫細胞治療とともに生活習慣を見直すことで、より多くのNK細胞を活性化させて効果的なガンの治療が見込めます。