腰のヘルニアの治し方|早期発見で糖尿病を治療しよう|ちょっとした症状を見逃さない!

早期発見で糖尿病を治療しよう|ちょっとした症状を見逃さない!

相談

腰のヘルニアの治し方

カウンセリング

腰に関する代表的な疾患に腰椎椎間板ヘルニアがありますが、悪化すると歩行困難になるなど適切な治療が不可欠なため、その治療について知識を持っておくことが大切です。腰椎椎間板ヘルニアの治療法には、飛び出したヘルニアの部分を切除せずに治療を進めていく保存療法と、切開やレーザー手術によってヘルニア部分を切除し、物理的に症状を取り除く手術療法の2つがあります。前者ではヘルニアの周辺をけん引することで飛び出した部分をもとの位置に戻したり、薬で痛みを抑えながら温熱療法などを並行して行っていきます。一方、手術療法では切開を伴う本格的な治療となるため入院が必要ですが、近年では腰椎椎間板ヘルニアの手術は切開部位が縮小している傾向にあり、術後の腫れも軽いです。以上のように、腰椎椎間板ヘルニアは保存療法であっても手術療法であってもそれほど負担が大きい治療は行われないという特徴があります。

腰椎椎間板ヘルニアの主な治療法である保存療法・手術療法は、いずれも予後が悪いことはほとんどなく、不安を感じることなく治療を進めていけます。保存療法は身体への負担は手術に比べて少ないものの、腰椎椎間板ヘルニアは再発がしやすいので筋力を強化したり正しい姿勢を維持するという自主的な工夫が必要です。腰の病気というと足腰の筋肉を鍛えるイメージがありますが、実際には腹筋や背筋の強化が腰部への負担軽減に繋がるため、これらの筋肉を継続的に鍛えていきましょう。手術療法では現在ではほとんどのケースで1か月以内で退院できますが、後遺症に対処するためにもしばらくは月1回程度の通院が求められ、徐々に間隔を空けていきます。以上のように、予後が良いとされる腰椎椎間板ヘルニアは治療法に関わらず適切な取り組み、通院を行うことで元の生活に戻り、再発を防ぐことができます。